政治と司法

独裁体制を築くため 内閣情報調査室を私物化する安倍政権

このところ政治や行政、司法を巡る不可解な事件が頻発しています。
その源流をたどっていけば、ほとんどが安倍政権に行き着くのではないかということは、大半の賢明な国民なら容易に推測することです。

文部科学省の役人が立て続けに東京地検特捜部によって逮捕されていますが、これも不可解な出来事のひとつです。
私立大学の支援事業で東京医科大学に便宜を図る見返りに自分の息子を裏口入学させてもらったという受託収賄の罪で逮捕された文科省の前局長、会社役員から約140万円相当の接待を受けたて逮捕された文科省国際統括官、確かに悪いことをしたのですから逮捕されるのは当然のことですが、安倍首相による政治の私物化が明確である森友・加計問題に比べたら、ほんとに些細な事件です。
「巨悪は眠らせない」なんてことはドラマの世界だけのことで、巨悪ほど、そっと眠らせておくのが特捜部です。


東京医科大学では以前から裏口入学リストが作られていたといいますから、今頃、こんな事件が発覚するのもおかしな話です。
森友・加計事件で存在感を示せなかった特捜部が、文科省の役人逮捕にすり替えて、「特捜部は健在である」ということを、誇示しようとしているのでしょうか。あるいは、政権は間違ったことをしないが、悪いのは官僚たちだということを意図的にアピールする狙いがあるのでしょうか。


それにしても、先日、テレビで、裏口入学と私立大学支援の交渉記録ともいえる佐野太前局長と臼井正彦理事長が会話する音声データが流されていましたが、それを録音したのは、いったい誰なのでしょうか。
刑事責任追及の際の決定的証拠となり得るようなものを、当事者、自らが録音するでしょうか。罠にはめるために誰かに頼まれて録音したとしか考えられません。


誰かが検察にチクらない限り、ここまでの裏は取れません。最も有力視されているのは、官邸側のリーク。前文科省事務次官の前川喜平氏への嫌がらせではないかとウワサされているようです。

文科省を離れた前川氏は「反安倍」の急先鋒となり、政府を批判。官邸側はそれを快く思っていなかったという。「一説には文科省時代に前川氏がかわいがっていたのが、佐野容疑者という話もある」とは週刊誌デスク。
くしくも、前川氏は3カ月前に講演会で裏口入学に言及。以下のように喋り倒していた。
「裏口入学っていうのは文部科学省が口利けると思っている人がいるんです。だけどそんなことできませんから。政治家もそういうこと言ってくるんですよ。どこどこ大学とかどこどこ小学校とか中学校とか」
裏口入学を完全否定した矢先の今回の事件なのだから、前川氏は赤っ恥だ。

文科省の佐野容疑者逮捕は“憎き前川喜平”への官邸の嫌がらせか!? 裏口入学したドラ息子のヤバすぎるツイートも流出! より

昨年5月、前川前次官の出会い系バー通いが、読売新聞に大々的に掲載されたことがありましたが、それも、前川を潰せ―という安倍官邸の指示で掲載させたものだというのが、永田町・霞が関の住人の一致した見方だということです。

その発端は、朝日新聞が5月17日朝刊でスクープした「加計学園の獣医学部開設に関する文科省の内部文書。
文科省の大学新設担当部局である高等教育局へ、特区担当の内閣府から、加計学園の獣医学部開設について「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向」などと、明白な圧力がかかっていたことを示すメモだ。

朝日新聞が、文科省の内部文書について第一報を出してすぐ、菅官房長官は官邸に出入りする警察関係幹部と接触した。
内調を統括する内閣情報官で、ユダヤ人虐殺を指揮したナチスの将校になぞらえて「官邸のアイヒマン」とも呼ばれる北村滋氏と、第二次安倍政権発足時、菅氏の官房長官秘書官を務めた中村格警察庁組織犯罪対策部長だ。

(ちなみに、この二人は、山口敬之氏による伊藤詩織さんへの準強姦・逮捕もみ消しを依頼したとされる相手です。)
官邸の「目と耳」――永田町、霞が関、そしてマスコミの隅々に網を張り巡らせる、内閣情報調査室(内調)と公安警察を駆使したのである。すべての元凶、前川氏を排除し、社会的に抹殺するために。


公安の内情に詳しいジャーナリストの青木理氏によれば、前川氏クラスの大物官僚は、平時から官邸の監視対象だという。
「警視庁公安部は、テロ組織や過激派以外にも、日常的に中央省庁幹部、次官・局長クラス、さらには問題を起こしそうな官僚や重要案件の担当者などの身辺情報を集めています。
また、内調は事実上、公安の『官邸出先機関』のようなものです。彼らが日頃から蓄積していた前川氏の情報の中に『出会い系バー』の話があったのでしょう」

前川・前事務次官に激怒して、安倍官邸が使った「秘密警察」 より

内閣官房のHPによれば、「内閣情報調査室は、内閣の重要政策に関する情報の収集及び分析その他の調査に関する事務並びに特定秘密の保護に関する事務を担当しており、・・・・・」と記載されています。
しかし、これは表向きの顔であり、実際には、安倍首相の地位を維持するために個人的に利用されているとしか考えられません。
独裁体制を築くための究極の政治の私物化といえるかもしれません。

支離滅裂な答弁でもヘッチャラ! その自信は諜報活動の成果?

さて、冒頭の特捜部の話に戻ります。
特捜部が扱った過去の事件からもわかるように、国民の不利益になるようなことばかりやってきたのが東京地検特捜部です。
プルサーマルに反対し、国や東京電力と闘っていた佐藤栄佐久元知事を冤罪で逮捕・起訴したのも東京地検特捜部です。
その後の佐藤雄平前知事の下でプルサーマルが実施され、それから間もなくして東日本大震災による原発事故が起こり、より危険で毒性の強い放射性物質が広範囲に飛散したのは明確な事実です。


特捜部こそが、国民の敵、民主国家をぶち壊している元凶です。
歴史的にもアメリカに協力的、言い換えれば日本人に不利益になることを率先してやってきたのが特捜部です。
そういう意味では、原発再稼働を推進し、アメリカ隷属の安倍政権とまったく同じ路線なのです。ですから特捜部による文科省役人の逮捕に惑わされてはなりません。
本質は、森友・加計問題、さらに拡大を見せている安倍首相による政治の私物化であり、そこを見誤ってはならないのです。

原発事故 前福島県知事の逮捕さえなければ・・・・


banner_03.gif

関連記事
スポンサーサイト



12コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit

コメントの投稿

0トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去のすべての記事

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧

ちんちくりん

理不尽な所業に対峙した人生を此処に残して  旅立ちます。

「爛熟した世界」

不公正な裁判。理不尽な行政と其れを取り巻く鑑定人達

火災保険の有効活用のご提案!費用負担は0円です。

不思議な不正義2

No.1最速覇権ゲーム情報・新作youtube動画まとめ
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる