FX手数料

証拠説明書を巡るカルチャーショック! (一審・6)

10/04
第1回口頭弁論のときに、証拠説明書を提出するよう裁判官から指示されましたので、それを作成することになりました。
民事訴訟法の本を見ると書式例がたくさん載っていますので、どんなことを書けばよいのかはわかるのですが、細かいことが不明なのです。
たとえば、A4の用紙を縦に使用して一覧表を作成すると、かなり字が細かくなってしまうので、用紙を横にして作成してもよいのかとか・・・・
(ちなみに、これは、字が細かくても用紙を縦にして書くそうです。)


裁判官から、“わからないことは聞いてください” と言われていましたので、私は遠慮なく問い合わせ、書記官から教えていただきました。

いろいろ質問し教えていただくと、それまでの自分の常識とは違う思いがけないことに何度か遭遇しました。

参考文献には、著者名、出版社名を記載するとか、労働局の説明を録音した証拠のテープは、裁判所と被告三者の4者にダビングし、反訳(音声を文字に起こしたもの)を添付するとか、証拠説明書の作成者の欄には反訳者を記載するとか・・・・
この辺のことは、私にとっても、おおよそ常識的な範囲内だったのですが・・・・・


ところが、証拠の録音テープをMDにダビングしたことを伝えると、書記官が、「なに~!」なんて、非常にビックリした様子でした。
何ごとかと思いましたら、どうやら裁判所にはMDの再生機がないそうなのです。
4者分とも、すでにダビングを終えていたのですが、仕方なく裁判所の分だけカセットテープにダビングしなおすことにしました。
今は、大容量でコンパクトなipodやウォークマンが主流ですが、そのちょっと前はMDが一般的でしたのに・・・・
しばらく使用していなかったカセットテープへのダビング機能、うまく作動するか不安でしたが、無事録音できました。


それと、もうひとつ、私の考えとズレていたものがあります。
証拠説明書の中には、「原本」であるか「写し」であるかを記載しなければなりません。
ダビングしたMDは、「写し」なのかどうか尋ねたところ、コピーであっても原本が存在するものは「原本」と記載するそうなのです。
そうすると、書証なども原本は自分で保管しており、コピーしたものを提出するわけですから、私がほとんど「写し」と記載するつもりだったものは、ほとんどが「原本」ということになります。
細かく分類すると、書籍をコピーしたものは「原本」ですが、最新の学説など、ネット上の情報をコピーしたものは「写し」になるそうです。

他に、会社が作成した一部の文書のコピーは「写し」ですが、私の提出した書証の大部分は「原本」ということになります。

これと対称的なのが、後に提出された被告らの証拠説明書でした。
証人尋問の際の陳述書以外は、すべて「写し」でした。

 「写し」ということは、原本が存在しないということになりますが、裁判の際に被告が提出した資料には、過去の資料をコピーしたものが多数含まれていましたので、訴訟が提起され、証拠のコピーをとった後に、それらの原本が廃棄されたか、あるいは、裁判で原本の確認を逃れるために、敢えて「写し」と記載したのかということになるかと思います。

 そういえば、被告の証拠には、富岡労働基準監督署の担当職員により文書丸ごと捏造されたものが1通ありましたし、部分的に私の記憶と違うものが多数存在しました。(このことに関しては、別の機会に詳しくお伝えします。)

 「写し」の証拠では、原本が改ざんされていたとしても、裁判では確認不可能ということになります。
ですから、裁判所は、「原本」なのか、「写し」なのかを考慮し、証拠の信憑性を十分に検証する必要があるのです。


関連記事
スポンサーサイト
Comment
MD
MDと言うことは電子データですよね。
電子データは改竄が可能なので、磁気テープ(アナログ)の方が証拠能力が上がるんです。
デジカメより旧式のカメラの方が信用される事もあると聞きます。
ご質問に回答しました。
ろーずまりー様からのご質問の件、昨日遅くに初めて気が付き回答しましたのでよろしくお願いいたします。
不信感を抱かせてしまって申し訳ございません。

タイトルが「プライバシーが安心の民事裁判では、公正な裁判は保証されないね!(一審5)の欄です。
Re: MD
そうなのですか。
松崎さんは、物知りでいらっしゃいますね。

古い物だからこそのよさもあるので、大切にしていかなければなりませんね。

Re: ご質問に回答しました。
自分のブログの記事を書いていて、バイオレットさんのコメント、深夜に気がつたもので、返事が遅れてしまいました。
こちらこそ、すみません。
元の記事のところに、返信コメントしました。

Trackback
日本経済新聞、朝日新聞、読売新聞の三社合同記事サイト「あらたにす」に田中早苗弁護士の違憲判決と最高裁事務総局による人事統制についてのコラム記事が掲載されています。 http://allatanys.jp/B001/UGC020004720091007COK00400.html 記事では最高裁が一票の格差判決...
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
過去のすべての記事
お探しの記事をすみやかにご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。 過去のすべての記事のタイトルと冒頭の文が、ご覧いただけます。
カテゴリー
リンク
ブロとも一覧
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
人気ブログランキング
banner_03.gif
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2ブログランキング
プロフィール

ろーずまりー

Author:ろーずまりー
趣味にスポーツにと、平凡な主婦の生活を送っていましたが、夫の長時間労働を労働基準監督署に相談したことをきっかけに、その生活は一転。行政の理不尽な対応に、自ら国家賠償訴訟をすることに。
理系の出身ですが、知的好奇心に駆られた私は、法律関係の勉強に、けっこうはまってしまいました。
中立性に欠ける国家賠償訴訟の実情を、より多くのみなさんに知っていただきたいと思い、ブログを開設いたしました。

QRコード
QRコード
オセロゲーム
ブロとも申請フォーム