FX手数料

法の支配ができていない日本は G7に参加する資格なし

05/31
これまでも度々、「息を吐くように嘘をつく」と形容され、嘘つきとしては確固たる地位を確立している安倍首相ですが、その方が、加計学園問題で「規制改革項目の追加、事業者の選定いずれのプロセスも関係法令に基づき適切に実施しており、圧力が働いたことは一切ない」と発言、さらに前川前事務官が存在を認めた文書についても「該当する文書は確認できなかった」としています。はたして、どれだけの人が安倍首相の言うことを信じるのでしょうか。

G7サミットから帰国したばかりの安倍首相ですが、そこでの嘘も、またバレテしまいました。
G7に出掛ける前、「G7で自由、民主主義、人権、法の支配を共有する」とか自分とは真逆なことをしゃあしゃあと言ってのでたいた安倍首相、この調子では大した成果もないだろうと予想はしていましたが、それが的中しました。


安倍政権の嘘つきが詳しく書かれている次の記事は必見です。

安倍首相がサミットデマ吹聴!“G7が共謀罪後押し”“国連事務総長「共謀罪批判は国連の総意でない」”は全部嘘だった!
2017.05.29  リテラ


一部、要約すると次のようになります。

G7から帰国したばかりの安倍首相が、共謀罪法案が審議入りした参院本会議で、まるでG7各国が共謀罪を支持しているかのようなインチキをふりまいたというのです。

共謀罪に懸念を示している国連人権委員会の特別報告者ジョセフ・ケナタッチ氏の公式書簡について、安倍首相は「著しくバランスの欠く不適切なもの」「客観的であるべき専門家のふるまいとは言い難い」と猛批判し、次のように述べました。
「この点について、G7サミットで懇談したアントニオ・グテーレス氏国連事務総長も『人権理事会の特別報告者は、国連とは別の個人の資格で活動しており、その主張は必ずしも国連の総意を反映するものではない』旨、述べていました」
国内メディアも、同じように報道していましたが、これは安倍政権によって国連事務総長の言葉を都合よく歪曲されたもので、実際には、次のように綴られているというのです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〈シチリアで行われた会談のなかで、事務総長と安倍首相はいわゆる「慰安婦」問題について話し合った。事務総長は日本と韓国のあいだで解決されるべき問題だということに同意した。事務総長は具体的な合意内容については言明せず、原則としてこの問題の解決策の性質と内容は二国に任されるべきと話した。
 また、特別報告者による報告書に関し、特別報告者は人権委員会に直接報告する、独立した専門家であると語った。〉(編集部訳)

政府は慰安婦問題にかんする日韓合意について〈グテレス氏は合意に「賛意」と「歓迎」を表明した〉(産経新聞28日付)としていた。だが、当のグテーレス事務総長は「日韓合意の内容には言明していない」と述べているのだ。あきらかに日本政府の言い分と食い違っている。

人権理事会の特別報告者についてのくだりも同様だ。リリースでは、「特別報告者」について「experts that are independent and report directly to the Human Rights Council(人権委員会に直接報告する、独立した専門家)」となっているが、この「独立した」は日本国憲法76条が規定している「裁判官の独立」の「独立」と同じ意味で、何者にも干渉されない存在であることを説明するもの。それを「国連とは別の個人の資格」と訳するのは明らかにインチキだ。

しかも、このリリースには、安倍首相が主張したような「国連の総意ではない」などという言葉は一切、出てこない。そもそも、リリース内ではケナタッチ氏の名前も共謀罪やテロ等準備罪、組織犯罪対策という言葉も出てこず、普通に読むと特別報告者の位置づけに関する一般論、あるいは前段の「慰安婦問題」における特別報告者の話の可能性もある。

ようするに、安倍首相と政府は国連事務総長の発言を歪めたうえ、自分たちの言葉を勝手に足してマスコミに流し、共謀罪の正当化に利用しようとしたのである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ところで、G7は先進7か国首脳会議などと呼ばれていますが、はたして日本は先進国の仲間に入る資格があるのでしょうか。
法の下の不平等、政府機関や身内による犯罪の隠蔽、そのためなら無実の人さえも逮捕する、どう考えてもまともな法治国家とは言えない現状、偏向報道を続ける公共放送、権力の監視どころか政府擁護の報道機関となっているマスコミ、民主主義の基本が完全に欠落しています。
科学技術は先進国でも、国家の根幹ともいえる政治や司法が前近代的国家のままなのです。

それでも、第二次安倍政権が発足する前までは、外見的には、どうにか民主国家としての体裁を保っていましたが、日本会議傀儡政権といわれている現政権になってからは、憲法を無視した法律が強行採決によって次々と制定され、似非民主国家からの更なる後退が顕著になってきました。北朝鮮と何ら変わらない国になりつつあります。
韓国の朴槿恵前大統領と同じことをやっている安倍首相ですが、片や逮捕、拘置所に収容され、法の裁きを受けようとしているというのに、片や、嘘を吐き続け、首相の座に居座ろうとしています。国民のだれからも分かりやすい犯罪を放置して、検察は、いったい何をやっているのでしょうか。日本の検察は、まったく存在価値がありません。検察が当事者から事情聴取するなど積極的に捜査し、それをマスコミが大きく報道すれば、安倍政権も、そう長くはもたないはずです。
検察が、森友問題、加計学園問題を放置しておくのであれば、明らかに先進国とはいえず、すみやかにG7から撤退すべきです。その前に、G7からつまはじきにされても文句は言えないでしょう。代わりに韓国でも推薦してあげれば、よろしいかと。
情けない国に成り下がったものです。


banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事
スポンサーサイト
Comment
嘘をつくのは病気でしょうね、それを権力で通用できてしまうためにますます頭に乗ってどんどん嘘をつく。こんな首相が居座る国でいいのかよ!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: カノッチ様
おっしゃる通り、病気でしょうね。
ステロイドによる精神障害ではないかということも言われていますね!!



管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
日本は軍国主義独裁国家です。
もう手遅れだと思います。
司法も安倍の悪事を止められない。
メディアも安倍の言うなり。
アンケートの明らかに捏造。
議席数が過半数だから法案強行採決自由自在。
安倍と日本会議に逆らう者は、
沖縄であろうが誰であろうが弾圧し放題。
安倍の友人や安倍を持ち上げる山口などは、
100億円を超える不当な金を回す事も、
薬物強姦の証拠があっても、
平然ともみ消し。

自民党憲法草案は、
日本を軍国主義独裁制国家にすると書いてあるが、
既に日本は軍国主義独裁国家になっている。

共謀罪を恐れた人は、
今後のアンケートにも、
積極的に安倍を支持すると答え、
仮に支持率が本当は低くても、
捏造アンケートがまかり通り、
とどめは不正選挙で、
未来永劫日本は軍国主義独裁国家であり続ける。

恐らくそうなるでしょう。
愚かな日本人達。

「自民党より良い党がない」?

「自民党ほど最悪の党はない」
それが本当なのに。

なお、安倍は精神疾患ではありません。
精神病なら罪はなかったでしょう。

彼は精神疾患ではなく、
ヒトラーや金正恩同様の、
非常に残忍な、
「軍国主義独裁者」です。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: motomasaong 様
おっしゃる通りなのかもしれません。
明治憲法の復活を望む日本会議傀儡政権ですから、当然、軍国主義国家になりますね。

そうですね。安倍を精神病患者にしたら罪を問えなくなりますから、その傾向がったとしても、すべきではありませんね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
過去のすべての記事
お探しの記事をすみやかにご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。 過去のすべての記事のタイトルと冒頭の文が、ご覧いただけます。
カテゴリー
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
人気ブログランキング
banner_03.gif
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2ブログランキング
プロフィール

ろーずまりー

Author:ろーずまりー
趣味にスポーツにと、平凡な主婦の生活を送っていましたが、夫の長時間労働を労働基準監督署に相談したことをきっかけに、その生活は一転。行政の理不尽な対応に、自ら国家賠償訴訟をすることに。
理系の出身ですが、知的好奇心に駆られた私は、法律関係の勉強に、けっこうはまってしまいました。
中立性に欠ける国家賠償訴訟の実情を、より多くのみなさんに知っていただきたいと思い、ブログを開設いたしました。

QRコード
QRコード
オセロゲーム
ブロとも申請フォーム