FX手数料

フェイクニュース・スペシャルで偽の印象操作  「クローズアップ現在+」

02/11
前回の記事で、NHKの「クローズアップ現代+」で「フェイクニュース・スペシャル」が2回にわたって放送されるということを紹介し、“この番組の内容自体がフェイクでなければよいと思う”ということをお伝えしましたが、やはり危惧していたことが現実になりました。

2月6日の放送については、心配されていたゲストも無難なコメントで特に問題はなかったのですが、7日の放送については、明らかにNHKによる印象操作が行われました。


問題になったのは、番組の中ごろに、フェイクニュースを拡散してしまったというブロガーの山本大輔さん本人へのインタビューの場面です。
山本さんを紹介するナレーションや曖昧な情報を記事にするに至った経緯について話す山本さんの音声が流れる間、千葉大医学部生による集団強姦事件のブログ記事がパソコン画面でスクロールされていく様子が映し出されます。ブログの大部分はぼかしがかかっているのですが、なぜか「氏名を公表しないことと何か関係があるのか」という部分がハッキリと映し出され、その後に「犯人は超エリート法曹一家」というところもはっきりと映し出されます。
この番組を見ている人は、「千葉大医学部の事件の犯人がエリート法曹一家である」というのがフェイクだと思うはずです。

「だいちゃん.com 千葉大医学部生の集団強姦事件 犯人の名前など情報を包み隠さず暴露します!」

ところが、犯人の一人が法曹一家の息子だというのは事実です。
「希望の裁判所」レビューが素晴らしい!!
超エリート法曹一家の息子も 千葉大集団強姦“犯人の正体”

千葉大医学部の事件については、しばらくの間、犯人の氏名が公表されなかったので、ネットでは犯人についての様々な憶測が飛び交っていました。
その中で最も有名なデマは、百田尚樹氏による「犯人は在日外国人」というものです。
百田尚樹氏といえば、日本会議のフロント団体「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の代表発起人のひとりです。この一味は、なぜか韓国や中国に対して異常なまでの敵対意識を持っているのが特徴で、このような発言も、さもありなんといったところです。
安倍内閣の閣僚のうち、公明党を除くほとんどが日本会議のメンバーであることから、安倍首相の飼い犬に成り下がっているNHKが百田氏のデマに触れるはずがありません。

百田尚樹の在日差別発言はやっぱりデマ! 千葉大レイプ事件の匿名扱いは容疑者一族が法曹界の大御所だから

番組では、山本さんがブログで真実ではない情報を記事にしてしまったということを伝えていますが、何がフェイクであったのかについては一切言及していません。それなのに、なぜ、インタビューの最中に千葉大医学部の事件のブログ記事を流したのでしょうか。しかも、真実である部分を抜き出して映しています。
明らかに、“「千葉大医学部事件の犯人がエリート法曹一家である」というのはフェイクだ”ということを視聴者に印象づけることが目的だったとしか考えられません。

それにしても、フェイクニュースを特集する番組で、フェイクの印象操作をするわけですから、NHKは救いようがありません。
皮肉にも、今回の「クローズアップ現代+」の一件は、NHKを筆頭とする既存メディアこそ、意図的なフェイクニュースの発信源であるということを証明する結果となりました。

最近も、NHK山形放送局の記者による不祥事や、小保方さんの報道についての放送倫理・番組向上機構(BPO)からの勧告など、重大で悪質な問題が後を絶ちません。国会答弁をする自民党閣僚の資質の低下も酷いものですが、この程度のことで視聴者を騙せると思っているNHKのレベルの低さも引けを取りません。


banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
おっしゃる通りだと思います。
最初には池上さんを出し、
ドイツ人の発信した情報が、
アメリカの民族差別主義者に、
フェイクニュース化された、
まともな話を流しました。

私でさえも、
珍しくまともな事を言っている、
そう思いました。

ところが翌日のがひどい。
視聴者は、
初日がまともであったから、
翌日もまともだろうと思います。
けれどもそうではない。

汚いですね。

これは同時に、
まともなジャーナリストである、
池上さんをも、
NHKに結託していると視聴者に思わせ、
信頼をつぶす意図でなされたものです。

東京新聞が良い例です。

沖縄のヘイトニュースを、
東京新聞の副主幹が流した。
日本中から非難され、
私も東京新聞と中日新聞が黒幕だと思った。
ところがあるブロガーさんが、
違うと教えてくれて、
副主幹こそが、
右翼とつるんで、
東京新聞と中日新聞の、
社会的信頼を失墜させる陰謀だったと、
気付きました。

逆に言えば、
多数の著書で日本人を啓発する、
池上さんが、
実際に良心的なジャーナリストであるという、
証明になります。

NKHは腹黒いから、
池上さんが、
表向きは中立か保守的に見せかけながら、
陰では正しい情報を書物として、
たくさん発信している事を知っている。
実際に彼の著書を読めばわかります。
だからこそ、
初日はドイツの有名な事件をテーマに、
あえて池上さんを呼んだのです。
池上さんを陥れるために。

極めて陰湿なやり口です。

でもこのやり口は、
良心的な新聞社として信頼されている、
中日新聞と東京新聞の内部の人間を使って、
意図的に歪んだヘイトニュースを流させ、
良心的新聞社の信頼を失墜させるのと、
全く同じ手法です。

きっと自民党ネットサポーターズクラブが、
背後に居るに違いありません。
手口が完全に一致している。

池上さんは以前にも、
自民党ネットサポーターズクラブの、
標的に何度もされています。
目の敵である池上さんを潰すことこそが、
おそらくは本当の目的です。

何故ならば例の医学生共の正体は、
既に明らかになっており、
今更いい加減な事を言っても、
事実は曲げられません。
むしろわざと、
「いい加減な事を言っている」と、
あなたのような鋭い敏感な、
知的な視聴者の関心を引き、

「こんな悪質な番組に、
 池上は出ているのか?
 信用ならない」

そう誘導しマインドコントロールする事が目的です。

池上さんを虎視眈眈とつけ狙う、
極めて組織的で悪質、
NHKの番組作成まで介入できる組織による陰謀。

池上さんもその危険性は知っています。
彼が非常に警戒してNHKに出ている事、
一言一句まで監視されている事実、
これで池上さんが、
本当に正義のジャーナリストであり、
極めて知的で良心的であるからこそ、
あのような在り方を「演じている」事を、
わかって頂けましたでしょうか?

本当に彼が安倍を支持し、
体制を支持している人間なら、
何故、右翼団体に、
失脚と信頼の崩壊を画策されるのでしょう?

彼の著書を読んでみてください。
真に賢い方は、
私の敬愛する諸葛亮孔明のように、
裏の裏をかくものですよ。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
motomasaongさんのコメントについて
motomasaongさん
2017/02/1220:56
のコメントは、支離滅裂に感じました。
池上氏を含め、番組関係者は、番組内容を、承知の上で放送したと思いますが・・・。
Re: motomasaong 様
motomasaongさん、記事に共感していただいて嬉しく思います。

新聞もテレビも信用できませんね。
でも、今回の「クローズアップ現代+」で、NHKを含む既存メディアこそがフェイクの発信源だということが多くの人に理解していただけると思います。

池上さんを尊敬していらっしゃるのですね。
今度本屋に行ったら、池上さんの本も見てみましょう。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
滑稽千万ですな(笑)、ネトウヨの某「視聴者」殿。
某「視聴者」殿、

バカには何を言っても無駄ですが、
バカに限って「支離滅裂」な事を言うものです。

「支離滅裂」?
お前の貧相な頭の事だろうに。

傑作ですね(笑)。

「私は一般人」
「一視聴者」

この源氏名は、
ネトウヨが最も好むものです。

おいおい、あんたさ、
自分の素姓がバレナイとでも、
本気で思ったわけ?(嘲笑)

「支離滅裂?」

そりゃそうでしょう。
自分の意見を述べるでなく、
他人のコメントに、
さらにコメントをつけるような、
珍妙で滑稽なバカ者が、
論理的な文章を書けるわけありませんからな。

おい、お宅、
相手を見てバッシングした方が宜しいですよ。
あんたがただの馬鹿で、同時にネトウヨで、
まともな論旨で文章を書く能力がないなんて、
瞬殺で見抜かれるよ。お宅、馬鹿過ぎ。
人格も知性も私よりはるかに劣っているくせに。(嘲笑)

文章ではなく、
あんたのおつむが、
支離滅裂だと、
全員があんたを嘲笑しているでしょうな。

失礼ですが御学歴は? 某「視聴者」殿。

私は申し訳ございませんが、
旧帝国大学出でしてね、
学生時代には、
教室の最前列に陣取って、
教授連に質問して、
何度も感心して頂きましたがね。
あんたよりは、
かなり知的レベルが上だと思いますよ。

あんたの学部は? 某「視聴者」殿。

医学部?
理学部?
それとも法学部?
まずあんたのレベルを述べてごらん。

あんたレベルの馬鹿には、
そりゃ私の文章は、
到底ご理解できないでしょうな。(嘲笑)
いやしくも人さまの文章を、
「支離滅裂」だとはね。
「私は馬鹿でございますので、
 あなた様の文章が、
 全く理解できません」でしょ?

あんたのようなのを世間様は、
間抜け、下衆野郎、無礼者、
そしてネトウヨと申しますね。(嘲笑)

東京新聞の副主幹が、
沖縄ヘイトニュースを、
ニュース女子とつるんで立ち上げ、
東京新聞への信頼の失墜を謀った。

一見したところは、
確かに東京新聞が黒幕に見える。

だが違う。

これまでの東京新聞の一連の、
極めて良心的な対応と、
副主幹が産業経済新聞に、
東京新聞への悪口雑言、
罵詈雑言を吹聴した事実を見れば、
東京新聞が副主幹に嵌められたことは、
火を見るよりも明らかだ。

また自民党ネットサポーターズクラブは、
複数の弁護士を雇い、
政府に批判的なニュース番組を、
一言一句までチェックしており、
生放送中に徹底的に、
何時間にもわたってバッシングをし、
政府への批判を叩き潰している事実は、
ちょっと頭の良い人々なら全員知っている。

池上さんを嵌めたことが明らかなのは、
普通の人間なら、

「強姦医学生のニュースがフェイクとは変だ」

そう気付くことすらないことで簡単にわかる。
ただの例として出してあるのだから。

賢い連中が東京新聞を疑ったように、
賢い連中が池上さんを疑い、
彼の著書を読まないように、
彼が信頼を失墜するように、
それが自民党ネットサポーターズクラブの意図だ。

安倍は古舘を首にし、
政府に批判的な番組に、
直接介入している上に、
NHKは政府にもともとべったりだ。

おい、某「視聴者」殿、
どこの馬鹿が、
嵌めてやるつもりの池上さんに、

「あんたの時にはまともな番組だが、
 翌日はあんたの見識が疑われるように、
 わざといかがわしい内容の番組を流すから」

そんな事を言うか!

「池上さんは海外にもお詳しいから、
 ドイツの事例を担当なさってください。
 翌日には簡単に、
 日本での事例を使って番組を作る予定です」

池上さんが担当じゃないのに、
そこまで細かい事を教えるいわれなどない。
そもそも池上さんをNHKに招いている事自体、
池上さんが体制派だと、
印象付けようとしているのではないかと、
私は疑います。

彼はNHK出身ですし、
真面目な方ですから、
招かれれば礼儀を尽くし、
断るまい、
私が黒幕でもその程度の事は考えます。
自民党や右翼や暴力団の海千山千共、
悪徳弁護士や、
詐欺で食っているような連中がバックにいるのに、
考えないはずがないでしょう。

さらに私の読みが正しいと確信したのは、
私のコメントを、
「難解だ」ではなく、
極めて表面的なバッシング、

「支離滅裂」だと、
ネトウヨがコメントを寄せたからです。

何の面識もないのに、
他人のブログで、
コメントを寄せた人物の文章に、
いきなり「支離滅裂」などという、
無礼千万な言葉を、
投げかけるようなまともな読者は居ません。

私のコメントをバッシングした事自体、
それも極めてネトウヨ的な低レベルの暴言を吐いた自体が、
私のコメントが的を射たものであることの、
証拠の一つであると考えます。

バカなネトウヨですね。
おかげで私の類推が、
まず間違いないと安心できましたよ(笑)。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
クローズアップ現代+の「+」の部分はフェイクってことかな。
受け取り手の知性が試されますね。
Re: カノッチ様
テレビもぼんやり見ていられない時代になりました。
何が嘘で何が真実か、常に判断しながら情報を選別しなければなりません。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
過去のすべての記事
お探しの記事をすみやかにご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。 過去のすべての記事のタイトルと冒頭の文が、ご覧いただけます。
カテゴリー
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
人気ブログランキング
banner_03.gif
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2ブログランキング
プロフィール

ろーずまりー

Author:ろーずまりー
趣味にスポーツにと、平凡な主婦の生活を送っていましたが、夫の長時間労働を労働基準監督署に相談したことをきっかけに、その生活は一転。行政の理不尽な対応に、自ら国家賠償訴訟をすることに。
理系の出身ですが、知的好奇心に駆られた私は、法律関係の勉強に、けっこうはまってしまいました。
中立性に欠ける国家賠償訴訟の実情を、より多くのみなさんに知っていただきたいと思い、ブログを開設いたしました。

QRコード
QRコード
オセロゲーム
ブロとも申請フォーム