FX手数料

「長い後書き」こそ 是非 読んでください  ~不正裁判の証言~

05/09
石原慎太郎氏が田中角栄に成り代わって書いた「天才」という本、とても人気があるようです。
田中角栄氏の金権主義批判の急先鋒として、また尖閣問題で日中関係を悪化させた張本人ということで、まさにアメリカのエージェントではないかと疑われる振る舞いの石原慎太郎氏ですが、アメリカによって潰された田中角栄氏を、愛国者である偉大な政治家としてたたえていることについては違和感を覚えずにはいられません。
田中角栄氏の一人称の視点で書かれているため、どこまでが事実でどこからがフィクションなのか判別できないところもありますが、大きめの文字でパラッと書かれているので、田中角栄氏の人物としての才能と魅力、(現在まで影響を及ぼし続けている)その時代に成し遂げた功績、時代背景等について手っ取り早く知るには好都合な本ではないでしょうか。

ロッキード事件と田中角栄氏の裁判については、当ブログの過去の記事で、小室直樹氏の『田中角栄の遺言(官僚栄えて国滅ぶ)』から詳しくお伝えしています。
冒頭の程度のレビューであれば当ブログで紹介するまでもないことですが、司法批判をテーマとする当ブログがあえて取り上げた理由は、是非、読んでいただきた箇所があったからです。
それが、最後の「長い後書き」に書かれている一節です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(田中角栄氏は)エネルギー資源に乏しいこの国の自活のために、アメリカのメジャーに依存しない独自の資源外交を思い立った。それがアメリカという支配者の逆鱗(げきりん)に触れ、アメリカが策を講じたロッキード事件と、虚構に満ちたその裁判によって失脚に追い込まれた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ロッキード事件の本質を一言でいえばこのようになるのですが、その裁判については次のように記述されています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私たちは今、「現代」という現実の歴史の中にその身を置いている。
その現代という私たちにとって身近な歴史的現実が、アメリカという外国の策略で田中角栄という未曽有の天才を否定し葬ることで改竄されることは絶対に許されるものでありはしない。
ロッキード裁判という日本の司法を歪めた虚構を知りつつ、それに加担した当時の三木総理や、トライスターという事例よりもはるかに大きな事件の山だった対潜哨戒機P3C問題を無視して逆指揮権を発動し、それになびいた司法関係の責任者たちこそが売国の汚名のもとに非難糾弾されるべきだったに違いない。
※ 対潜哨戒機P3C問題については、下記をご覧ください。
ロッキード事件の真実http://d.hatena.ne.jp/boogierock/20100214/1266129078
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この「長い後書き」は、当然のことながら、本文のような田中角栄氏になりきって書かれたものではなく、石原慎太郎氏の視点から自らの言葉で書かれています。
欺瞞と虚構に満ちた日本の裁判の実態が、政権与党の元政治家によって証言されていることは、この「後書き」もまた、不正裁判を立証する証拠物になり得ます。

自民党が集団的自衛権の行使を合憲の根拠とした砂川判決も、アメリカによって誘導されたことは、過去の記事でお伝えしています。

常に、アメリカの顔色をうかがいながらでなければ判決が出来ない情けない最高裁。
これら法律を無視した最高裁の不正は、現在に至るまで連綿と続いており、これを追及しない限り裁判所を利用する価値はまったくありません。
近年、司法の不正がかつてないほど暴露されつつあります。
不正裁判追及の条件が整いつつあることを実感しています。



      


 banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
「天才」の意図
非常に危機感を持っています。
石原慎太郎は完全な右翼ですが、
若い方達は知りません。
「天才」を知るのは自分だけと豪語する石原、
つまりこの本は、自分が「天才」だという主張です。
若い方もそう思っています。
この「霊言」による洗脳手法は、
アメリカに始まり、
日本では幸福実現党総裁、大川劉邦に継承され、
歴史的人物の「霊言」を書き、
教祖の意図を載せて洗脳する手法として用いられます。
卑劣ですね。
本の購入資金は石原の選挙資金になり、
多くの場合、書店もグルであることが多いのです。
若い方が買えば買うほど、
右翼に金を与え、
石原を評価する若者が増えます。
「男の粋な生き方」を石原が出版するのを見て、
若者たちのbig brotherとして、
彼の右翼思想を洗脳しようという腹が、
はっきり見えました。
それにしても自民の憲法草案はひどい。
是非、話題にしてください。
私も及ばずながら、
自分なりの分析を加えましたので、
ご参考になさってください。
このままでは大変なことになり、
基本的人権も国民主権も崩壊します。
Re: motomasaong 様
「天才」になりきっって語ることで、自分も「天才」と位置づける洗脳の手法なのですか。
隠された意図があったのですね!!

事実関係については、何か資料を調べて詳細に記したわけでもなく、ごく大雑把に書かれています。
主観的な観点から思いつくことを書いただけの中身のない本です。
立派な装丁がもったいないです。
金儲けのために書いたということに納得します。

やることが頓珍漢な男だとは思っていましたが、真意を見抜くことが大切ですね。
motomasaong 様は物知りでいらっしゃいますね。
いつも感心させられます。

自民党の憲法草案、ほんと酷いですね。
主権が国民にあるのではなく、国家にあるような書き方で憲法とはいえません。
おバカな安倍さんとおバカな取り巻きたちのやりそうなことです。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
過去のすべての記事
お探しの記事をすみやかにご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。 過去のすべての記事のタイトルと冒頭の文が、ご覧いただけます。
カテゴリー
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
人気ブログランキング
banner_03.gif
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2ブログランキング
プロフィール

ろーずまりー

Author:ろーずまりー
趣味にスポーツにと、平凡な主婦の生活を送っていましたが、夫の長時間労働を労働基準監督署に相談したことをきっかけに、その生活は一転。行政の理不尽な対応に、自ら国家賠償訴訟をすることに。
理系の出身ですが、知的好奇心に駆られた私は、法律関係の勉強に、けっこうはまってしまいました。
中立性に欠ける国家賠償訴訟の実情を、より多くのみなさんに知っていただきたいと思い、ブログを開設いたしました。

QRコード
QRコード
オセロゲーム
ブロとも申請フォーム