FX手数料

政府によるネット情報収集 日本だってやっているはず!!

06/18
CIAの元職員が、米政府が一般市民の通話履歴やインターネット上の個人情報をひそかに収集していると暴露したことで、元職員の功罪について世界中で議論がが巻き起こっていますが、このニュースを聞いたとき、私はさほど驚きはしませんでした。
といいますのも、これまでも、メールやネットが監視されているのではないかという兆候が何度かあったからです。
私のような一市民でさえ、そのような目に合っているのですから、何を今更という思いでいます。


以前、メールのタイトルや本文に、裁判関係や郵便関係のキーワードや特定のURLなどが含まれていると、送受信が上手くいかなかったり、白紙のメールが届いたりすることがありました。
不思議なことに、近況報告のような普通の内容のメールに変更して送信し直すと問題なく送信できたり、白紙メールの返信画面を表示させると、消されているはずの本文が表示されました。


このような現象は、フィルタリングされている可能性が高いようです。
会社のメールであれば、社外に出るところのメールサーバで、メールの内容や添付ファイルの中をチェックして、社外秘情報などの不適切な部分を削除して送信できます。
フィルタリングする条件は、件名や本文に含まれるキーワードや添付ファイルの種類や数、指定されているあて先のアドレスやその数など、さまざまな条件を指定でき、メールフィルタリング用のソフトを使えば容易にできるそうです。


このようなことが行われているとすれば、自由な情報交換や意見交換に対する妨害行為です。
これは、だいぶ前にあったことなのですが、最近でも不可解なことがありました。

まずは、ブログですが、記事を更新した途端にアクセスが増えだすのは通常よくある現象ですが、ある記事については、前日に大まかに下書きに入力しておいて、翌日に手直しを加えて公開したのですが、公開する前の下書きに保存した時点からやたらとアクセスが増え出すようなことがありました。

ちなみに、その記事というのは、インターネットの接続の不調と不審な警察車両について書いた次の記事です。
不可解な出来事 2


公開されていない情報を、ひそかに監視しているとしか思えません。

さらに、おかしいことは続きます。

裁判や検察批判は、当ブログのメインテーマでもあり、そのような記事をアップすると、必ずってよいほど法務省や最高裁からアクセスがあります。
先日、そのことを知人にメールで知らせたところ、法務省や最高裁と特定できるようなアクセスは、ピタリと途絶えてしまったのです。
どう考えても、メールそのものが監視されているとしか思えません。


以前、最高裁の郵便がおかしいということを盛んにブログに書いていたころ、ブログの記事がいかがわしいサイトにコピペされるという事件が起こりました。
犯行が仙台市内の郵政のパソコンから行われていたことを突き止めましたが、この事件には、警察と最高裁の関与が強く疑われます。
郵政が犯人だって、思いっきりバレテしまいましたね!
もしかしたら、記事を削除させるための策略かも?
警察の動きと奇妙に一致する隠蔽工作のタイミング!

私のブログのほかにも、多くの政治系のブログが同じ被害にあっていました。
きっと、政府批判のブログやブロガーのあぶり出しや妨害が目的ではないかと思います。
仙台地検に刑事告訴しましたが、検察は早々と犯人不詳で不起訴とし、両罰規定による郵政の処分については未だに無視を貫いています。


これらの事件に共通して登場するのが、警察・最高裁・郵政・法務省であり、ネット妨害・ネット監視の首謀者ではないかと考えられるのが、これらの機関なのです。

 情報収集の目的が、テロを未然に含むためというならともかく、国家権力による不正を隠蔽するために、真実の情報を発信しているブログやブロガーに対する妨害行為等を目的として個人情報を収集しているとしたら、ネット監視の正当性は認められません。

 国連の拷問禁止委員会で、「日本の刑事司法は『中世』だ。日本の刑事手続を国際水準に合わせる必要がある。」とアフリカ人に非難されたということを紹介しているこちらのサイト、是非、ご覧下さい。
日本の刑事司法は『中世』か


banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ろーずまりーさんへ!!
ご健闘感激いたします!
個人メールでの相手の意思に反するストーカー的メールを規制する法案が可決しようとしていますが、ネットの危険性、特に個人情報の漏れはおっしゃる通り完全防止は不可能のように思います。この種の法律も常に、表裏一体の危険をはらんでいることを危惧します。共通番号制はなおさらのことと思います。


http:takatora.blog74.fc2.com/
Re: 荒野鷹虎さん
便利な物には、危険が潜んでいますね。
検索したり、ネットショッピングしたりすると、どのサイトに行っても、その関連商品が表示されたりしますよね。
政府が、そのような情報まで入手して個人を監視し、利便性がよいとか都合の良いことをいって、実際には国民を縛るための法律をどんどん作ろうとしているように思います。
自由な言論空間を提供しているはずのネットサービスの会社まで、政府に協力しているとなれば、安心して利用できませんね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
過去のすべての記事
お探しの記事をすみやかにご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。 過去のすべての記事のタイトルと冒頭の文が、ご覧いただけます。
カテゴリー
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
人気ブログランキング
banner_03.gif
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2ブログランキング
プロフィール

ろーずまりー

Author:ろーずまりー
趣味にスポーツにと、平凡な主婦の生活を送っていましたが、夫の長時間労働を労働基準監督署に相談したことをきっかけに、その生活は一転。行政の理不尽な対応に、自ら国家賠償訴訟をすることに。
理系の出身ですが、知的好奇心に駆られた私は、法律関係の勉強に、けっこうはまってしまいました。
中立性に欠ける国家賠償訴訟の実情を、より多くのみなさんに知っていただきたいと思い、ブログを開設いたしました。

QRコード
QRコード
オセロゲーム
ブロとも申請フォーム
楽天ショッピング