FX手数料

談合による不起訴処分か?! ~情報が事前に漏えい~

07/03
裁判で証拠を捏造した労働基準監督署職員と、本来の証拠と捏造した証拠を差し替えてデタラメな主張を展開した訟務検事ら、そして、国家賠償訴訟が裁判所と被告代理人を務める法務局のダブル不正のもとに行われていたということで詐欺で訴えていた国に対する不起訴の処分通知書が、おととい届きました。

捏造したことを立証する十分な証拠を提示していましたし、捏造しなければならなかった職員の事情等も証拠を示して説明していたにもかかわらず、それが全く公開の裁判にかけられることもなく、検察の内部で密かに処分が決定されたことに怒りを覚えます。
担当の検察官は、どこかの検察官のように電話で事務官にテキトーなことを言わせることもなく、直接、話を丁寧に聞いてくれましたので、多少は期待を持っていたわけですが、ほんとに残念です。
やはり、腐敗しきった権力を支える1つの歯車に過ぎなかったのでしょうか。


ここで、法務省刑事局の事件事務規程(法務省訓令)に書かれている不起訴裁定の要件を、もう一度おさらいしてみます。

(不起訴の裁定)
第72条 検察官は,事件を不起訴処分に付するときは,不起訴・中止裁定書(様式第112号)により不起訴の裁定をする。
2 不起訴裁定の主文は,次の各号に掲げる区分による。
 (17) 嫌疑なし 被疑事実につき,被疑者がその行為者でないことが明白なとき又は犯罪の成否を認定すべき証拠のないことが明白なとき。
 (18) 嫌疑不十分 被疑事実につき,犯罪の成立を認定すべき証拠が不十分なとき。


この事件は、裁判の際に、私の電話の内容が労働基準監督署職員によって捏造されて提出されたものです。
捏造された文書の書式は、本来の証拠が作成された当時に使用されていた書式と違うことや、私が、文書で記録しておいた内容と違うなど、客観的証拠はたくさんありますが、犯罪を立証するもっとも単純明快な方法は、私の電話を受けた川又監督官に確認することです。
公開の法廷で、この川又監督官が証言すれば、一気に解決するはずです。
捏造した職員に都合がよいように、川又監督官が偽証するかもしれないという心配は無用のようです。
なにしろ、捏造された文書に書かれてあるようなことしか、川又監督官が私から聞き出せなかったとしたら、監督官としても資質が疑われますし、本人のプライドにかかわることですから。
つまり、この事件が不起訴になったということは、捏造された書面が肯定されたとも受け取れ、川又監督官に対する侮辱行為でもあるのです。


川又監督官に聞けば一気に解決する事件ですが、その必要もなさそうです。
それは、私の電話の内容を記録した川又監督官のメモ(文書)を福島地検いわき支部が、既に入手しているからです。
そのことは、平成22年10月に、霜山事務官に確認しています。
( 福島地検いわき支部による意図的な証拠隠し )


これだけ十分な証拠がありながら、公開の裁判にかけずに、捜査機関が勝手に判断してしまうことは、まさに法治国家とは言えない状況なのです。
もちろん、福島地検いわき支部の担当検察官が、単独で判断したとは考えられません。
当初は、福島地検いわき支部の芦沢検事の犯人隠避の告訴とともに最高検察庁に送った告訴状でしたが、それが福島地検いわき支部に回送されたわけですから、こうなることをある程度予測していました。(まさか最高検までが告訴状をタライ回しするとは・・・・!!
最高検が、ドロボーにドロボーの捜査をさせたというよりは、法務省の希望通りに不起訴の判断をさせるつもりだったのが、新米検事の不手際で、その不正な捜査手法を私に見透かされてしまったので、その尻拭いをいわき支部にさせたと言った方がピッタリかもしれません。


事件の詳細については、また別の機会にお伝えすることにして、別の話題です。

とにかく、これまでチンピラまがいの福島地検いわき支部という印象しか持っていませんでしたが、今回、“これはいったいどうしちゃったの”という出来事がありました。

これまで何度か受け取っている処分通知書は、たいてい、処分通知の用紙がたった1枚、封筒に入れられてあるだけでしたが、今回のいわき支部からの処分通知書には、ご丁寧にも処分後の対応についての説明書が添えてあったのです!!

          縮小地検いわき支部 不起訴後の対応 

内容は、①処分理由の告知について、②検察審査会への申し立てについて、③不審判請求についてです。
その中の処分理由の告知については、次のように書かれています。


「この処分ついては、福島地方検察庁いわき支部あてに請求していただければ、すみやかに書面にて告知します。なお、過誤防止のため、貴殿からのこの請求も、書面によっていただくようお願いしています。」

処分理由告知書については、これまで口頭で伝えれば十分だったのですが、どうしたのでしょうか。
仙台地検特別刑事部から不起訴処分告知書が二重発行されており、私がブログで騒いだり(不起訴処分理由告知書を二重発行!! ~検察の新たな犯罪~)、同じものを2通も必要ないということで最高検察庁に送り返したので、最高検から何か通達でもあったのでしょうか。


繰り返しお伝えしていますが、検察が発行する「不起訴処分理由告知書」と題する書面には、不起訴処分の理由など、まったく書かれていません。
「嫌疑なし」「嫌疑不十分」などの、ある種の区分しか書かれておらず、この書面をもって、不起訴の理由を説明したことにはならないのです。
不起訴処分の理由が、このような書面1枚で済んでしまうならば、権力側に都合が悪い事件はいくらでも握りつぶすことができます。


ですから、法治国家を標榜している限り、処分理由についてはしっかり説明していただく必要があるのです。
「貴殿からのこの(処分理由)請求も、書面によっていただくようお願いしています。」ということですので、せっかくですから、不起訴にした根拠について客観的に答えていただくために、こちらからの質問に応えていただく形式で不起訴の理由を説明していただこうと思っています。
不起訴裁定の要件を満たしていないのに不起訴にしているわけですから、不起訴にする合理的理由や、検察が裁判を経ずに独自に判断している法律的根拠を明確に説明できなければ、起訴していただくしかないのです。


 不起訴処分通知書は先週29日の日付で出されていますが、その前日の28日に、「早坂邦彦逮捕」のキーワードで検索によるアクセスがありました。
処分決定日が事前に漏れていたようです。
談合による不起訴処分だったようです。



※ 参考までに、不起訴処分理由告知書の日付の前日(28日)、前々日(27日)の主な検索キーワード掲載します。

banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ

27日の検索キーワード

1 キーワード不明 SSL検索 4
2 不起訴処分告知書 書式 3
3 法務局 訴訟 2
4 ネガティブ思考 弊害 2
5 国家賠償 訴訟件数 1
6 刑事事件 不起訴 理由 1
7 extproxy.tgnw.mhlw.go.jp 1
8 控訴理由書 書き方 1
9 裁判官の急所 1
10 国家賠償 民事 行政 1
11 郵便物の流れ 1
12 裁判官 国家賠償 1
13 告訴状 受理 1
14 不公正な国家賠償訴訟 1
15 上告受理申立理由書 送達 1
16 不起訴通知書 1
17 裁判 傍聴 プライバシー 1
18 不起訴 告知書 1
19 国家賠償 1
20 不起訴処分 通知 1
21 国賠法 公務員の個人責任 1
22 芦沢検事 1
23 富士通 郵政 1
24 簡易書留 引受番号 チェックデジット 1
25 国家間の不公正

28日の検索キーワード

1 キーワード不明 SSL検索 4
2 上告費用 2
3 挙証責任 2
4 仙台地検特別刑事部 2
5 跡部敏夫 1
6 上告趣意書 のかきかた 1
7 不起訴と国倍 1
8 書留 配達 不正 1
9 不公正とは 1
10 妻に原告適格がある場合の夫 1
11 早坂邦彦逮捕 1
12 宮城県警 告訴 不受理 1
13 郵便 統括 銀座 1
14 訴訟 相手 無能力 1
15 配達希望受付 1
16 送信メール 内容チェック 1
17 東電ol 真相 原発 1
18 弁護士 警察 告訴状 不受理 1
19 殺人 タイミング 1
20 控訴理由書相当因果関係の主張方法 1
21 事情聴取 初めて 1
22 国家賠償法 公務員個人の責任 1


banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
過去のすべての記事
お探しの記事をすみやかにご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。 過去のすべての記事のタイトルと冒頭の文が、ご覧いただけます。
カテゴリー
リンク
ブロとも一覧
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
人気ブログランキング
banner_03.gif
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2ブログランキング
プロフィール

ろーずまりー

Author:ろーずまりー
趣味にスポーツにと、平凡な主婦の生活を送っていましたが、夫の長時間労働を労働基準監督署に相談したことをきっかけに、その生活は一転。行政の理不尽な対応に、自ら国家賠償訴訟をすることに。
理系の出身ですが、知的好奇心に駆られた私は、法律関係の勉強に、けっこうはまってしまいました。
中立性に欠ける国家賠償訴訟の実情を、より多くのみなさんに知っていただきたいと思い、ブログを開設いたしました。

QRコード
QRコード
オセロゲーム
ブロとも申請フォーム