FX手数料

裁判官らを不正行為に駆り立てたもの

02/29
このところ、長期間出掛けることが多く、ブログの更新が遅れがちになっています。
更新を楽しみにされている方には、大変、ご迷惑をお掛けしています。


前回、前々回と、仙台地検特別刑事部が事件を放置していることに関連して、二審の仙台高裁の裁判官ら(大橋弘裁判長、鈴木桂子裁判官、岡田伸太裁判官)の不正行為についてお伝えしていますが、今回は、これらの裁判官が、なぜ、不正行為を行われなければならなかったのかについて考えてみたいと思います。

最近の記事ばかり読まれている方は、二審の裁判官らだけが不正行為を行ったという印象をお持ちかと思いますが、実は、不正行為を行うに至った素地は、すでに一審の福島地裁いわき支部の裁判で出来上がっていたのです。

一審では、相手の主張に対して、ひとつずつ自分の言い分を述べるという作業が中心になります。自分の主張が認められるように、証拠を示して相手の主張を封じ込めるのです。反論されたら、さらなる証拠を示して相手の主張の矛盾を突くという具合に、書面での応酬が繰り返されます。

被告国のボロが出たのが、この一審の裁判だったのです。
本来の事件に直接かかわっていた行政職員(証拠を捏造した本人)が関与していた部分については、とにかく主張が二転三転していたのです。
ちょっと調べれば、嘘であることがすぐさま判明するようなことでも、平気で嘘をついていたのです。
しかも、被告国の主張もメチャクチャでした。
同じ事柄に対し、あるところでは、「否認する」、あるところでは、「認める」、また、別なところでは、違う説明をするといった具合です。
労働基準監督署職員の隠蔽工作が被告国の支離滅裂な主張を誘発(一審・9) 、 被告国の主張にとどめを刺し 最終決戦となった私の第5準備書面!(一審・11)
事件の当事者が直接裁判をする本人訴訟であるからこそ、それらの矛盾のすべてに気がつき、相手を論破することが可能なのです。
実際のところ、相手の矛盾を突き言い負かすことは、実に痛快でした。
お役所に苦情を言っても、タライ回しされたり、結論を先送りされたりすることが常態化していますが、このことが、事件全体をさらに長期化・複雑化し、本人訴訟に、より有利な状況を作り出したといえます。
どんなに優秀な代理人であっても、他人同士のトラブルの詳細をすべて頭に中に入れているはずがありません。
事件が複雑化するほど、代理人は、その全体像を把握しきれなくなります。
原告は、事件がどんなに複雑化しようと、本人訴訟であるからこそ、アリ1匹通れる抜け道がないほど完璧に論破することが可能なのです。

 
 原告が完璧に論破した一審の裁判について、福島地検いわき支部(高原章裁判長)は、どんな判決を下したのか。

1年9か月も続いた裁判での内容には一切触れることなく、一審の一番最後に行われた証人尋問での行政職員(二転三転する主張を繰り返していた前述の職員)の虚偽の証言を証拠採用し、原告の請求を退けたのです。証拠採用の妥当性  ~一審の福島地方裁判所いわき支部判決~
しかも、一審では、裁判資料をよく読み込んでいる担当の裁判官と、裁判資料を読んで裁判に臨んでいるのか疑わしい裁判長との間に考えの相違がありましたが、結局は裁判長の判断が押し通されたようです。


控訴審では、二転三転している行政職員の証言を証拠採用するのはおかしいということを主張し、さらに、証言の内容が嘘であることを詳述しました。

被告国を勝訴させる正当な理由を見つけられなかった仙台高裁の裁判官らは、論理的に矛盾している一つ目の判決理由と、控訴人の主張を捻じ曲げ、デタラメな主張に書き換えるという違法行為を犯して作成した二つ目の判決理由を根拠に結論付けるしかなかったのです。

 裁判官らは、なぜ、そこまでして国を勝たせる必要があるのか

それは、最高裁事務局によって統制された「ヒラメ裁判官」が、そのヒラメ性を存分に発揮したからにほかなりません。

ヒラメ裁判官について、理解をより深めていただくために、「司法官僚(新藤宗 著)」 から一部を抜粋してお伝えします。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(最高裁事務総局の事務総長を筆頭とする)司法官僚機構は彼ら(裁判官)をいかに「操作」し、裁判所機構の一体性を確保するかに腐心することになる。

司法官僚機構の整備の結果、最高裁事務局は転所、昇任、報酬について実質的に決定権限をもっており、裁判官の「内面の独立」をゆるがしてきたといえよう。あるいは逆に、司法官僚機構の動向をたえず気にする裁判官を生み出してきたともいえる。「ヒラメ裁判官」といった批判は、そうした病理の具体的あらわれといってよい。

(1984年の水害訴訟の最高裁判決の直前には、全国の地裁・高裁の水害担当裁判官をあつめて裁判官協議会が開催された。)
協議会における最高裁民事局の見解の要点のみをいえば、つぎのとおりである。(省略)裁判所は工学上の安全基準の理論と技術に単純に依拠するのではなく、実際に採用されている技術基準を前提として独自の安全基準を考え、それにもとづき河川管理者の責任を判断すべきだ、というものである。

最高裁事務総局がこれまでみてきた人事による裁判官コントロールにくわえて、法律の解釈や判決内容についてもコントロールしているのではないか、そしてこの二つは相互に密接に関係しつつ、下級審や裁判官にたいする事務総局「支配」の基準となっているのではないかとの問題関心が、在野の弁護士を中心としてたかまっていった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 つまり、当事者が自らが裁判をする本人訴訟であったことと、裁判官のヒラメ性が、裁判官らを不正行為に駆り立てたといえます。


           

banner_03.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ  
関連記事
スポンサーサイト
Comment
No title
こんばんは

奥深い内容で勉強になります。
楽しみにしていますので、これからもブログの更新をお願いします。
No title
こんばんは

記事が更新されていたので、安心しました。
奥深い内容で、勉強になります。

次回、楽しみにしております。
Re: nitrun 様
nitrunさん、こんばんは。
ブログでお伝えしていることが、この国の司法の実態です。
是非、たくさんの方に真実を知っていただきたいと思っています。

楽しみにしてくださっている方がいらっしゃるということは、ブログを続けるうえで、とても励みになります。
私も、nitrunさんのブログ楽しみにしています。

裁判所と弁護士会と企業が絡んだ裁判
企業同士のバトル事件に巻き込まれて元検事弁護士を入れたら、B社に加担不正を見逃した。
その後裁判になり、見逃した元検事弁護士を、所属弁護士事務所のボス弁は元検事弁護士を助ける為に裁判所、裁判官に圧力かける不正を始める。ボス弁は、裁判所委員会委員をやっている。過去に最高裁の監査をやっている。そうした、力を使って偽装裁判を行わせた。一方、元検事は犯罪被害者支援委員会委員で委員長で所轄警察警察本部に圧力かけ、届け出拒否を行わせる。公正取引委員会に圧力、受付で揉み消しを行い、企業バトルを公正取引委員会に申請させないようにする。世間に知らせない。裁判所内で揉み消しを計る。弁護士も弁護士会会長が関与し不正をした事から、弁護士会も絡んで、尋問所を改竄捏造し、裁判所その改竄捏造した尋問所に入れ替えを行った。裁判官は、原告が事件の真相や弁護士の不正発覚から事実を知るが、準備書面に主張させないように弁論終結をさせて、その後の原告の主張や証拠を採用しないように裁判官と書記官が行う。原告依頼弁護士は次々利益相反し次々辞任する。原告不利に証拠提出、準備書面を提出したり、証拠改竄したり、虚偽説明をし、原告が錯誤させられているから事実を告げず、錯誤させ続ける。証人尋問も証人本人は、出廷してない成り済ましの人間が出廷した。弁論終結してるから何を言っても発言しても良いと真実を発言して、そこで原告が真実を知っても後の祭りに成るようにシナリオが出来ている。何故ならば、弁護士会が尋問書面を書き換えて被告企業、弁護士等が有利になるようにシナリオがなされているからである。判決文も弁護士会が作成し、被告側が有利に成るようにシナリオが出来ている。原告がこうした裏側が判らないから、証人尋問の当日の様子から最終準備書面を提出すると、弁護士会が改竄捏造した尋問書面と原告の準備書面が不一致になる様にして、原告の主張は、一貫性がない、被告側が真実性があるというないように成るようにシナリオが出来ている。そういう判決文で原告の主張を棄却する。こんな事件に巻き込まれた。マスコミにと思う。弁護士が辞任するたび、弁護士探ししたが、皆、驚き引いてしまう、これはかなり大きな事件です。大手企業で弁護士会長から弁護士会や裁判所裁判官も絡んでいる。大事と逃げる弁護士か、絡んで甘い汁をと考えて関与しようとする弁護士ばかりだ、大抵はどちらかの企業法務をしている。又は絡んだ弁護士を助ける為に介入したがる。これが法曹界の現実です。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
恐れ入ります。トラックバックありがとうございます! 詐欺被害についてのご相談は第一信用総合調査まで お問い合わせいただけたらと思います!
管理人の承認後に表示されます
管理人の承認後に表示されます
管理人の承認後に表示されます
管理人の承認後に表示されます
管理人の承認後に表示されます
管理人の承認後に表示されます
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
過去のすべての記事
お探しの記事をすみやかにご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。 過去のすべての記事のタイトルと冒頭の文が、ご覧いただけます。
カテゴリー
リンク
ブロとも一覧
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
人気ブログランキング
banner_03.gif
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2ブログランキング
プロフィール

ろーずまりー

Author:ろーずまりー
趣味にスポーツにと、平凡な主婦の生活を送っていましたが、夫の長時間労働を労働基準監督署に相談したことをきっかけに、その生活は一転。行政の理不尽な対応に、自ら国家賠償訴訟をすることに。
理系の出身ですが、知的好奇心に駆られた私は、法律関係の勉強に、けっこうはまってしまいました。
中立性に欠ける国家賠償訴訟の実情を、より多くのみなさんに知っていただきたいと思い、ブログを開設いたしました。

QRコード
QRコード
オセロゲーム
ブロとも申請フォーム