FX手数料
Archive | 2008年11月

裁判の立証と数学の証明問題って とっても似ているんですよ!

11/28
弁護士など誰にも相談せず、国を相手にひとりで裁判を闘うことは、とても大きなストレスでしたし、プレッシャーでもありました。

裁判を始めるにあたり、何冊も関連する法律書を読みましたが、当初は、日常聞き慣れないような法律用語の連続で、悪戦苦闘していました。
特に、原告適格に関しては、一般向けや入門者向けの法律書には、詳しい記述がほとんど載っておらず、専門的な本を読む必要がありました。辞書を片手に、何か外国語でも読んでいるような感覚でした。
それでも、たいがいの用語は、普通の国語辞典に載っていますし、裁判に関連する限られた分野を読んだり調べたりする分には、どの本にもだいたい同じような言葉が繰り返し出てくるので、3冊目くらいからは、わりあい、すんなりと内容が理解できるようになりました。


裁判が始まってからは、口頭弁論の度に提出する書面を、推敲を重ね、期日までに作成するのに必死でした。

一審では、原告である私の主張に対し、被告の国が反論し、それに対し、私が再び反論するという具合で、書面による議論の応酬でした。
本に載っていた戦術についてのノウハウを参考に、客観的根拠に基づいて、いかに相手の矛盾を突き、被告の主張の論理を崩していくかを心掛けました。


“国を相手に、そんなこと簡単にできるの?”なんて、思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、矛盾だらけの国の主張からは、それが面白いように見つかったのです。
たとえば、国の準備書面での主張が、第1、第2、第3などの項目に分けて書かれていたのですが、それぞれを何人かで分担して書いたのかどうかはわかりませんが、それらの整合性がなかったり、また、労働基準監督署の担当職員がかかわった部分に関しては、明らかに虚偽と見破られてしまうような主張が何箇所もあったりと、矛盾点を突くのは極めて容易なことで、私にとっては実に痛快でもありました。
これは、富岡労働基準監督署や福島労働局の対応が、いかにずさんであったかということの証明でもあるわけなんですが・・・・・


ですから、私自身も、反論の書面が客観的根拠に基づいてしっかり書けたと確信しており、それに対して被告からは具体的な反論がされなかったことがほとんどでしたので、完全に論破したという思いでいました。

それと同様なことは、判決書についても言えることです。
控訴理由書で一審判決の矛盾や不備を徹底的に指摘したことで、一審の判決理由は、ほぼ全面的に書き換えられました。
しかし、その二審判決もまた、いいかげんな判決で、上告の際に、二審判決のデタラメ、矛盾を指摘しましたしましたが、最高裁が、上告不受理とし、二審の違法性を是正させるチャンスを自ら潰したことで、刑事告訴される事態となったわけですが・・・・


私の電話相談に端を発した労働基準監督署をめぐる一連の事件に関しては、労働基準監督署(行政)、夫の勤務先、夫、私と、それぞれの様々なかかわりが、時間の経過とともに推移し、縦糸と横糸が複雑に絡み合っているような事件であったと思います。

ですから、どこからどのように立証していくか、捉える角度により、様々な立証の仕方が考えられます。
いかに、最短距離で明快に、そして強力に結論付けるかがポイントであり、難しい課題ではありましたが、それを考えるのはけっこう楽しい作業でもあり、解決の糸口を見つけた瞬間は快感でもありました。
ちょうど、数学の図形の証明問題を解いているような感覚といいましょうか?
図形の証明問題は、視点を変えることにより、いく通りもの方法が考えられます。回りくどい証明もあれば、単純明快な証明もあります。

 直感とひらめきにより、いかに明快に、定理(あるいは法律)に基づいて論理的に結論付けるかという点においては、数学の証明問題と裁判の立証は、通じるところがあります。

ヒラメ性の発揮により、結果には反映されず、デタラメの判決理由に基づく二審判決が確定されたことは、決して許されることではなく、今後も裁判官らの責任については追及していきますが、裁判をある種の知的ゲームとして捉えた場合に、素人の私が、ストレスとプレッシャーを感じながらも、優越感と達成感に浸れたことは確かです。

スポンサーサイト

こんなにありました! ~裁判所からのアクセス~

11/22
裁判所は、私のブログのことを、だいぶ気にしている様子で、裁判所からと思われるアクセスが何度もあります。
裁判所からと思われるアクセスがどれだけあるのか、正確な事実をお知らせするために、改めて調べてみました。


見落としているものもあるかも知れませんが、明らかに裁判所、あるいは、その関係者からのアクセスであると推定できたものについてピックアップしてみました。
けっこう、ありましたよ


8月25日  仙台検察審査会に、審査申立書を発送。
8月26日  仙台検察審査会が、審査申立書を受理。(審査申立受理通知書より)

 
8月27日  ・宮城県内よりアクセス(リンク元不明→URLによるアクセスと思われる。)
9月 5日  ・宮城県内よりアクセス
9月11日  ・n-proxy.courts.go.jp より、「不公正な国家賠償訴訟」で検索しアクセス
        ・都道府県不明であるが、「原告適格 夫婦 精神的苦痛」で検索しアクセス
        ・宮城県内よりアクセス
9月16日  ・福島県内より、「労働基準 いわき市 労働相談」で検索しアクセス
        ・都道府県不明であるが、「福島地裁いわき支部 原告適格」で検索しアクセス
10月1日  ・p-proxy.courts.go.jp より、「仙台検察審査会」で検索しアクセス
10月2日  ・宮城県内よりアクセス 
10月6日  ・宮城県内よりアクセス
10月10日 ・宮城県内よりアクセス
10月14日 ・宮城県内よりアクセス
10月15日 ・福島県内より、「富岡労働基準監督署 捜査」で検索しアクセス
10月26日 ・都道府県不明であるが、「書き切れない 別紙 格式」で検索しアクセス
        ( 『審査申立書 意見書 仙台検察審査会御中』 のページの語句をから検索)
10月28日 ・福島県内より、「裁判官 いいかげん」で検索しアクセス
11月2日  ・宮城県内よりアクセス 
11月6日  ・宮城県内よりアクセス 
11月17日 ・n-proxy.courts.go.jp より、「最高裁 調書 決定」で検索しアクセス
11月19日 ・都道府県不明であるが、「“検察審査会”“審査申立書”“いわき市”」で検索しアクセス



 ブログへのアクセスの状況から、裁判所の対応の概容が、把握できます。

p-proxy.courts.go.jp と n-proxy.courts.go.jp の接続ホストからのアクセスが、最高裁判所からのものであると思われることから・・・・

仙台検察審査会が審査申立書を受理した直後から、宮城県内からのアクセスが始まっており、刑事告訴に関しては、検察審査会から仙台地裁、または、仙台高裁に伝えられ、まもなく最高裁にも伝えられたものと思われます。
その後、福島県内より、事件の詳細を知っている関係者でなければわからないような語句での検索によるアクセスが、しばしばあることから、福島地裁にも伝えられたことがうかがえます。


つまり、このような経緯から、最高裁が、一審の裁判についても調査する必要性があると判断したのか、あるいは、福島地裁いわき支部にある裁判資料を調べたかったのかどうかはわかりませんが、いずれにしても、裁判全体について調べる必要があると判断したので、福島地裁にも連絡がされたものと考えられます。

裁判所が、仮に、裁判は適正に行われ問題がなかったと認識していて、私がブログで訴えていることに関しては、事実に基づかない、とるに足りない内容であると判断したとすれば、何もせず放っておくでしょうし・・・・
あるいは、仮に、ブログでの批判に対し、根も葉もないデタラメことで、裁判所や裁判官の信頼が傷つけられたと判断したのであれば、直ちに、私に抗議なり苦情なり言ってくると思いますが・・・・


そのようなことも全くありませんので、国家賠償訴訟における裁判官の不法行為に関しては、裁判所自身も、事実を認識し、かなり問題視しているのではないかということが、容易に推測されます。
何と言いましても、裁判官らの違法行為は、控訴理由書と二審判決書というふたつの客観的証拠によって証明される明らかな事実であるわけですから。

 今後、裁判所が、適正に対処し、自らの過ちを認め、すみやかに是正に努めるのかどうか?
みなさん、是非、監視をよろしくお願いします。

       

裁判所からのアクセスだって ばれていること ご存知かしら?

11/15

検察審査会への申立書の中で、このブログのことを書き添えたところ裁判所からと思われるアクセスが何度もあり、それは、大きく3つに分類されるということを前回お話しましたが、今回は、それらのアクセスが、裁判所からのものであると推定した根拠についてお話しましょう。

① 宮城県内からのアクセス
・ 初回のアクセスにもかかわらず、検索サイトやブログランキングサイトからのアクセスではないので、URL入力による直接のアクセスであると考えられるため。
・ ホスト名に、高等裁判所の所在地近くの通り名(aobadori.miyagi  青葉通り)が含まれているものがあるため。
 

② 福島県内からのアクセス
・ 初回のアクセスにもかかわらず、事件の詳細を知っている人じゃないとわからないような固有名詞や特徴的な語句を2,3個連ねて検索しているため。

そして、これら①②にに共通していえることは、裁判の経緯や刑事告訴について書かれているページを重点的に閲覧していることです。
それと、もうひとつ共通していえることは、ブログのタイトル名による検索が全くないことです。
人気のなさそうなブログだし、タイトル名で検索しても下位のほうで、なかなか出て来ないだろうなんて思っているのかもしれませんが・・・・


不思議なことに福島からのアクセスは、毎回、一般的な語句、二語か三語による検索でのアクセスなのです。“お気に入り”にでも入れておけば、簡単にアクセスできると思うのですが・・・・

どうして、そうなのでしょう? 
もしかしたら、パソコンを不特定多数の人が使うので、履歴を残さないようにしたり、毎回、使用するパソコンを換えているせいなのでしょうか?
また、ブログのタイトル名で検索したのでは、ブログのことを知っている関係者からのアクセスであるということ、つまり、裁判所の関係者からのアクセスであるということが、わかってしまうからなのでしょうか?


でも、検索の際、全く関係ない変な組み合わせの語句で検索したりしているので、かえって目につきバレバレですよ!

③ 裁判所専用の接続ホストからのアクセス
①②と対照的に、ブログのタイトル名で、堂々と検索しているのが、裁判所専用の接続ホストからのアクセスです。(①②については、一般的な接続ホストからのアクセスでした。)
ホスト名に、[ n-proxy.courts.go.jp ]とあり、court(裁判所)が含まれていましたので、見た瞬間、もしかしたら、これはって思いましたね。

それで、調べてみたら、やはり、そうでした。
裁判所には、LANとインターネットをつなぐためのふたつの代表的なproxy(代理)があって、それが、n-proxy.courts.go.jp と、p-proxy.courts.go.jp だそうなのです。


ちなみに、9月中旬に、n-proxy.courts.go.jp の接続ホストから、「不公正な国家賠償訴訟」で検索してのアクセスがあり、10月初めには、p-proxy.courts.go.jp から、「仙台検察審査会」での検索によるアクセスがありました。

ネット犯罪に詳しい弁護士のサイトの記述から推測すると、これは、どうも最高裁判所からのアクセスのようなのですが・・・

proxyサーバーというのは・・・・・・
たとえば、AさんがBのサーバーにアクセスすると、AさんがアクセスしたことがBにわかってしまいますが、proxyサーバーは、通常、AさんがアクセスしたことがBにわからないようにするために、CというproxyサーバーがAとBの間に入り、A→C→Bのように間接的にアクセスするのに利用されるようなのですが、裁判所の場合は、かえって、身元が特定される根拠になっていますよね。

裁判所の場合は、セキュリティーのためのproxyなのかもしれませんが、それにしても、宮城や福島からのアクセスの仕方と、ちょっと違っているとは思いませんか?
 裁判所からのアクセスだってばれていること、ご存知なのでしょうか

裁判所の方々、ブログのこと だいぶ気にされてるいる ご様子ですね!

11/08
私が、裁判官らを虚偽有印公文書作成等で刑事告訴したのは、今年1月中旬、

ここでちょっと、おことわりですが・・・・
正確には、私が告訴状に書いた罪名は、“虚偽公文書作成”だったのですが、検察が立件の段階で、正確な罪名である“虚偽有印公文書作成”に訂正したようなのです。
検察も、この罪名に該当する事件であると判断したからこそ正確な罪名に訂正して立件したと思うのですが、6ヶ月も経って、根拠もなく不起訴処分にしたわけですから、なんとも不可解ですよね!


話がそれてしまいましたが、本題に戻ります。

私が刑事告訴したのは今年1月中旬、そして、7月末に不起訴処分通知書が届くまでの間、検察庁からは、問い合わせや事情聴取など、一切ありませんでした。
ですから、その間、検察から裁判所に対しても、裁判官が刑事告訴されているということが連絡がされたのかどうかはわかりませんが、私が8月末に検察審査会に審査申立書を提出したことで、遅くても、その時点では、裁判所が刑事告訴の事実を知ることになったのは確かです。


こんなことを言うと、特に、それから2ヶ月以上もたった今も、なんら表立った対応をとっていない裁判所の関係者などは、“検察審査会は刑事告訴の事実を知っていたかもしれないが、裁判所は、把握していない”なんて言い訳をしそうですが・・・・・

そのような言い訳が通用しないこと、つまり、私が検察審査会に審査申し立てをした直後から、裁判所は裁判官刑事告訴の事実を把握しており、そのことについては、裁判所がだいぶ気にかけている様子が、このブログへのアクセス解析から、うかがい知ることができます。

私が刑事告訴しているのは、二審判決に関することでありますが、一審での裁判も中立性に欠けていて不審であったということを知っていただいた上で検察審査会に判断していただきたいと思い、申立書の中で、このブログのことを書き添えたわけですが・・・・

どうやら、検察審査会に審査申立書を提出した直後から、裁判所からと思われるアクセスが何度もあるのです。

裁判所からと思われるアクセスは、大きく3つに分けられるのですが、そのうちのひとつ目は、宮城県内から、ふたつ目は福島県内からです。

仙台検察審査会に申し立てをしているわけですから、宮城県内からのアクセスだけなら、検察審査会からのアクセスかもしれないってことも考えられるのですが、それだけにとどまらず、福島県内からのアクセスもあることから、裁判所からのアクセスであると推定されます。

 たまたま、アクセスの時期や県が一致していることを根拠に、裁判所からのアクセスであると推定したわけではありません。
その具体的な根拠や、ちょっと通常とは異なるアクセスの仕方、3つ目のアクセスについては、次回、お話しましょう。


 とにかく、これらの事実から、裁判所と検察審査会は、ほぼ一体化しているという結論に達するかと思います。

犯罪行為を行った裁判官に いったい いつまで裁判をさせておく おつもりかしら?

11/01
裁判官の主観に基づく合理性のない判決を下すには格好のツールともいうべき自由心証主義を隠れみのに、どんなにおかしな判決であったとしても、裁判官の違法性が問われることは、ほとんどないと思います。

しかし、控訴棄却の判決の趣旨に合致するように、控訴人である私が控訴人の損害の本質であるとして主張した中から、行政がかかわった部分を完全に削除して、私の主張の趣旨と違うことを控訴人の主張であるとして判決理由に書いた仙台高等裁判所の裁判官らの行為は、明らかに犯罪行為です。

それにしても、裁判所は、犯罪行為を行った裁判官に、いったい、いつまで裁判をさせておくつもりなのでしょうか?
これらの裁判官は、今もなお、平然と、だれかの裁判を裁いているんじゃないかと思われますが・・・・

私でしたら、仮に、犯罪行為を行った裁判官が自分の裁判の担当になったとしたら、絶対に、いやですね。
しかも、公正さが最も要求される職務において、公正さを著しく損ねる犯罪行為をしたわけですから・・・・
すぐさま裁判官の忌避(民事訴訟法24条)を申し立て、裁判官を換えてもらいますよ。


まさか、このまま握りつぶそうってんじゃないでしょうね

これまでの一連の事件での行政の対応や裁判での経験から、私には、なんとなく先が読めていますが・・・・
私が描く最悪のシナリオは、次のとおりです。

現在、裁判官らの不起訴処分について、仙台検察審査会に申し立てをしているわけですが、裁判所は、そのおひざもとの素人で構成されている検察審査会をうまく丸め込み、“不起訴相当”の議決を出させる魂胆じゃないでしょうか。
そして、「裁判所は、検察審査会やその議決に関しては、独立性を保っており、介入する立場にはなく、裁判官が刑事告訴された事実は把握していない。」なんて主張して・・・・


さらに、検察審査会から不起訴相当の議決がされたあげくには、「裁判所は、検察が不起訴処分とし、検察審査会も不起訴相当の議決をしたのだから、裁判所も、違法性は認められないと判断しており、裁判官の下した判決に問題はなく、何らかの対応をとる必要性もなかった。」なんて言いそうですよね!

実はこのシナリオ、根拠に基づかない全くのでまかせじゃないのですよ

でも、このシナリオどおり、そう うまくいくでしょうか
私もある程度、しっぽをつかまえていますし・・・・


 この続きは、長くなりそうなので、次回にしましょう。

最近の記事
過去のすべての記事
お探しの記事をすみやかにご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。 過去のすべての記事のタイトルと冒頭の文が、ご覧いただけます。
カテゴリー
リンク
ブロとも一覧
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
人気ブログランキング
banner_03.gif
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2ブログランキング
プロフィール

ろーずまりー

Author:ろーずまりー
趣味にスポーツにと、平凡な主婦の生活を送っていましたが、夫の長時間労働を労働基準監督署に相談したことをきっかけに、その生活は一転。行政の理不尽な対応に、自ら国家賠償訴訟をすることに。
理系の出身ですが、知的好奇心に駆られた私は、法律関係の勉強に、けっこうはまってしまいました。
中立性に欠ける国家賠償訴訟の実情を、より多くのみなさんに知っていただきたいと思い、ブログを開設いたしました。

QRコード
QRコード
オセロゲーム
ブロとも申請フォーム